境界線とあわいと/映画『君の名は。』心象スケッチ

境界線とあわいと

多くこの世では、境界線というものを、きっぱりとして、直線的なもの、とらえていることが多いように思う。

でも実は、
境界線というものは
揺らいでいて曖昧で、
陽炎のようなものかもしれない。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-12

境界線はあわいにある。

あわい 【間】
向かい合うもののあいだ。
また、二つのものの関係。

あわいがあるから人は隔てられる。
あわいがあるからこそ人は巡り会える。
あわいがあるから物事は
結ばれたり解かれたりする。

時にそれは時空を越えて。
時にそれは人の意志によって。

私と世界のあわいは
どんな形をしているのだろうか。

私とあなたの境界線は
どんな揺らぎ方をしているのだろうか。

6e00596c07588316c8939447643092a2_s

 

 


メルマガ配信希望はこちら


お問い合わせはこちら

司法書士のご依頼 方眼ノート講座案内 ワールドカフェファシリテーターのご依頼 個人コンサル・法人コンサル 講演会講師依頼等 お気軽にお問い合わせ下さい☆

青木文子司法書士事務所はこちら

岐阜の相続、遺言、離婚、会社設立、成年後見申し立て等お気軽にお声がけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です