TAG 俳句

毎日三句2017.12.14

【毎日三句】   かなたから渡り来るもの冬の海   一点の光を灯し木守柿   白き紗を纏いて朝のうつ田姫   メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わせはこちら …

毎日三句2017.12.13

【毎日三句】   寒昴結びて南十字星   埋火や故なきものは何もなく   日日の一歩がありて八手花 メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わせはこちら 司法書士のご依頼 方…

毎日三句2017.12.12

【毎日三句】   遠ざかる背中を追うて冬帽子   嘘という漢字でなくて十二月   己とは誰のことかと寒鴉     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合…

毎日三句2017.12.11

【毎日三句】   手の内にいつもありけり冬扇   狐火を自在に灯す女かな   暗号の色は紅青木の実     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わせは…

毎日三句2017.12.10

【毎日三句】   阿頼耶識囲炉裏にありし熾火かな   藁葺のひそかに宿す薄氷   渡された鍵のありかよ十二月     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2017.12.09

【毎日三句】   稜線の屹立として雪の富士   問いという小石を投げて冬の水   山茶花の未だ変わらぬ街角よ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2017.12.08

【毎日三句】     開戦の日が巡りくる霙降る   親と子の密室があり室の花   枇杷の花手をつながぬことつなぐこと     メルマガ配信希望はこちら メルマガ…

毎日三句2017.12.07

【毎日三句】     柊の花無意識に届きもの   なにゆえの三叉路と問い冬ざるる   五次元の扉が開いて十二月     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フ…

毎日三句2017.12.06

【毎日三句】   風花や時に歩みを止めてみて   セロリ食む子のつぶやきと食卓と   くだら野の文字を探して歩きけり     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォー…

毎日三句2017.12.05

【毎日三句】   黄落や歩みし道の右左   ブレーキを踏まずそのまま師走かな   山茶花やいつもの道を右に折れ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…