TAG 俳句

毎日三句2019.10.13

【毎日三句】       つづれさせ鳴いて呼ぶのは母か子か     実石榴の割れて女は女かな     台風過余白をあけて始まりぬ   &nb…

毎日三句2019.10.12

【毎日三句】         あやかしの力と思い野分かな     身の内の何かが疼き颱風裡     ゆらぎへと寄る辺もなくて曼珠沙華 &nb…

毎日三句2019.10.11

【毎日三句】       たまさかに同行二人のゐのこづち     ほんとうの答えはどこか葛の花     虫の音のきこえず前夜大颱風   &n…

毎日三句&photo2019.10.10

【毎日三句&photo】         片足をあげて名残の木犀花     柿一つ実りありし光かな     青空をあつめてみせてはたはたか …

毎日三句&photo 2019.10.09

【毎日三句&photo】       姫蔓蕎麦の足元にある灯火か     揺れに揺れ決して折れずに秋桜     ひたひたと野分の道を見つめけり &nb…

毎日三句2019.10.08

【毎日三句】       秋海棠花の揺れゆく気配して     来し方の子どものこせし椎の実か     捨子花名付けし人の風景よ   &nbs…

毎日三句2019.10.07

【毎日三句】       猛烈と言葉を冠し大野分     朝顔の種をもらいて朝散歩     一日の華やぎ生きて花茗荷     &n…

毎日三句2019.10.06

【毎日三句】         父の背の受け入れられて秋がゆく     蛤となりし雀の団子かな     たとう紙をひろげて見せて鵙日和 &nb…

毎日三句&photo2019.10.05

【毎日三句&photo】       たまさかに一声鳴いて秋の蝉     蜉蝣と人の時間の差はなくて     水引の花つらなりし真かな   …

毎日三句2019.10.04

【毎日三句】       律の風扉の開き閉まる音     海馬へとしばし漂い木犀香     見つけたる道もありけり藪からし    …