TAG 俳句

毎日三句2020.07.12

【毎日三句】       渦中へと告げしラッパよ梅雨雷     青時雨君の答えは違っても     ひらひらと風に任せて糸蜻蛉   &nbsp…

毎日三句&photo2020.07.11

【毎日三句&photo】       指先に光子ありけり合歓の花     七月の流れし水の惑星よ     青葉雨光と闇の渚かな   &nbs…

毎日三句&photo20200710

【毎日三句&photo】       存在というつながりよ母子草     文月や赤い表紙のパスポート     梅雨空の人はひとりで歩きけり &nbsp…

毎日三句&photo2020.07.08

【毎日三句&photo】         次に来る時代のかたち青楓     なすすべもなくて大河の文月なり     またひとつ手放すものよ青…

毎日三句2020.07.07

【毎日三句】         祈ることしかできぬまま半夏雨     ゆるやかに笹の弧描き青葉雨     天命というものがあり梅雨の星 &nb…

毎日三句2020.07.06

【毎日三句】       半夏雨人は無力と知りながら     濁濁と流れし川の文月かな     花石榴まだやることがあると言い   &nbs…

毎日三句&photo2020.07.05

【毎日三句&photo】       生きゆくはフラクタルの世界なり     摘みたる一番草の背中かな     電脳にたわわにありし青葡萄 &nbsp…

毎日三句&photo2020.07.04

【毎日三句&photo】         睡蓮やまぶたの裏にみる光     木天蓼の翻りいて夏驟雨     逢瀬とは刹那にありし合歓の花 &…

毎日三句&photo20200702

【毎日三句&photo】       滴りてすぐそこにある原初かな     もてなしはまず自らを夏来る     ぎこちなく飛んで跳ねたり若燕 &nbs…

毎日三句&photo20200701

【毎日三句&photo】         文月の光を映し水鏡     合歓の花夢か真か一睡す     盤面のルールは変わり夏落葉 &nbsp…