TAG 俳句

毎日三句&haikuphoto20221204

【毎日三句&haikuphoto】   伽藍へと積もりゆくもの冬紅葉     葱抱いて家路に尽きぬ夕暮れか     三叉路に光おとして石蕗の花    …

毎日三句&haikuphoto20221203

【毎日三句&haikuphoto】     紅葉かつ散りて遮るもののなし     不意打ちに世界を覗く師走かな     黙したる朋の横顔枇杷の花   …

毎日三句&haikuphoto20221130

【毎日三句&haikuphoto】     小六月メタセコイヤの並木なり     陰陽を納甲したる霜月尽     越冬燕心凍えることなかれ   &nb…

毎日三句&haikuphoto20221129

【毎日三句&haikuphoto】     埋み火の横顔ピンクレモネード     AIの手元は見えぬ吊し柿     冬林檎あちらこちらの境界に   &…

毎日三句&haikuphoto20221128

【毎日三句&haikuphoto】     銀杏葉のいずこより来た便りかな     来し方に忘れきたもの狐火か     虫老いて繰り返しなる白亜紀よ &nbsp…

毎日三句&haikuphoto20221127

【毎日三句&haikuphoto】     眼差しの刹那つながる小鳥来る     無為自然なれど額づく霜月か     親と子の交差点あり時雨虹   &…

毎日三句&haikuphoto20221126

【毎日三句&haikuphoto】     豆柿や貴種流離譚のうらはらに     閉じたるは開ける故なり冬浅し     赤道を越えて帰りし冬銀河   …

毎日三句&haikuphoto20221125

【毎日三句&haikuphoto】     黄落やすべて光の源へ     虫老いて道々動くものがあり     愛し子の旅路にかかれ時雨虹   &nbs…

毎日三句&haikuphoto20221124

【毎日三句&haikuphoto】     短日や斜めに降りる馬車があり     狐火のゆらめきの先問いかけて     冬あざみ己の内の要石   &n…

毎日三句&haikuphoto20221123

【毎日三句&haikuphoto】     身のうちの水響きいて冬浅し   階段のゆるやか下る霜月か   小六月光比べることなかれ     #毎日三句 #五七五…