TAG 俳句

毎日三句2019.05.03

【毎日三句】     世変わりになんじゃもんじゃと唱えけり     走り出す扉の向こう夏隣     のぞき込のぞき込みいて親燕     &n…

毎日三句2019.05.02

【毎日三句】     指折りに数え八十八夜かな     指かけて剥きたる皮よ夏蜜柑     華鬘草神も仏も踊りゆく       メ…

毎日三句&photo2019.05.01

【毎日三句&photo】     三叉路の右も左も花馬酔木     されどなお生きてゆくこと聖五月     ネモフィラの雫世界を反転し   &nbsp…

毎日三句&photo2019.04.30

【毎日三句&photo】     平らかに成りし時代よ春がゆく     四月尽閉じゆく扉の音がして     次の世の羽根を託して花楓    …

毎日三句&photo2019.04.29

【毎日三句&photo】     秘めたるは幾重に隠す牡丹かな     ファインダー越しにとどめて春惜しむ     夢を夢たらしめていて春の夢   &…

毎日三句2019.04.28

【毎日三句】     小手毬や人それぞれの宙があり     花楓遠くに飛んだ夢をみて     かきあげた毛先の遊び春惜む     &nbsp…

毎日三句2019.04.27

【毎日三句】       額づきて祈るは遠き背中かな     届かない横顔があり春がゆく     若さとは翻ることつばくらめ   &nbsp…

毎日三句2019.04.26

【毎日三句】     行く末の輪郭やどし双葉かな     手折らずに君に見せたき花馬酔木     透きとおる未来の色よ柿若葉     メルマ…

毎日三句2019.04.25

【毎日三句】     交わしたる言葉の一つ春惜しむ     雲間へと姿の消えて若雲雀     手放した愛しきものよ春の海     メルマガ配…

毎日三句2019.04.24

【毎日三句】       惜春やあと一日の背中みて     祈りとは天に捧げし花水木     いましばし目に留まれよ春驟雨    …