TAG 俳句

毎日三句2016.12.10

【毎日三句】   いよいよと幕のあがりて神楽月   天と地の垂直線に麦の芽よ   とまどいを隠して乙女椿かな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2016.12.09

【毎日三句】   赫赫と猩々木の並びいて   屹立と何を捨てたる冬木立   蟷螂の枯れゆるやかに動きたる     猩々木=ポインセチア メルマガ配信希望はこちら メルマガ…

毎日三句2016.12.08

【毎日三句】   虎落笛七十五年の音がして   迷い子の抱きしめられて冬帽子   一面に背負う落日冬木立     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合…

毎日三句2016.12.07

【毎日三句】   日短かの手帳に残る頁かな   肩ごしに纏うひかりの初霜よ   極月や明日の地図を描きいて     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い…

毎日三句2016.12.06

【毎日三句】   うつろ家の門を守りし山茶花よ   身支度のひとつひとつよ菜を洗う   狐火を瞳に隠す女かな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2016.12.05

【毎日三句】   言の葉をひとつ交わして冬茜   虚も実も入れ子になりし極月よ   今生に咲かねば恋し冬桜     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い…

毎日三句2016.12.04

【毎日三句】   紅葉且つ散り掌に残るもの   描きたる青写真への階段よ   茶の花の川面にうける光かな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合…

毎日三句2016.12.03

【毎日三句】   たい焼きの尻尾をかじる師走かな   北窓をふさぎて開く扉かな   モチノキの赫赫ひかり灯しけり     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム …

毎日三句2016.12.02

【毎日三句】   くだら野のイーハトーブは遥かなり   告白は何食わぬ顔冬苺   踊りだす舞台に銀杏落葉かな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2016.12.01

【毎日三句】   人の手を借りて八手の花なりし   ようように余白をあけて師走かな   白亜紀の記憶は黄金銀杏散る     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム…