TAG 俳句

毎日三句2016.09.01

【毎日三句】   三叉路に佇みていて虫時雨   蟷螂の構へて家庭裁判所   花蓼の足元にある予祝かな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わせ…

毎日三句2016.08.31

【毎日三句】   交差する消失点よ夏がゆく   問いかけて目線の高さ赤とんぼ   水澄みて見えてくるもの見えぬもの メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わせはこちら 司法…

毎日三句2016.08.30

【毎日三句】   風向きの静かにかわり野分かな   限りある巡りの中よ秋耕す   爪紅やいにしえからの恋心     ※爪紅(つまべに)=ホウセンカ メルマガ配信希望はこち…

毎日三句2016.08.29

【毎日三句】   連なりは親から子へと梨剥きぬ   残照に重ねあわせて夏が行く   男郎花思春期にある嵐かな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2016.08.28

【毎日三句】   蟷螂のわずかに揺れし気配かな   宿題をやる子の背中夏終わる   野牡丹の今生を終えし友に似て     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム …

毎日三句2016.08.27

【毎日三句】   芒野の記憶にありし背中かな   落蝉の幾多行方をさがしけり   行く道も迷える道も花野かな       メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録…

毎日三句2016.08.27

【毎日三句】   沈黙のかいなに抱かれ鬼の子よ   笑うしかない空もあり女郎花   それぞれの扉を閉めて夏休み     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…

毎日三句2016.08.25

【毎日三句】   宿題はもう終わったか茗荷の子   育ちたる子どもは子ども秋燕   口角の上がるが見えて秋日傘     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…

毎日三句2016.08.24

【毎日三句】   幾重もの私が透けて秋の空   炎天の揺らぎて見えぬこの国よ   問い持たぬ冥さがありて夏がゆく     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム …

毎日三句2016.08.23

【毎日三句】   ちろろ鳴く片隅にある暮らしかな   キャンパスは広きを選び鰯雲   韃靼の星の記憶よ紫苑咲く     ※ちろろ=コオロギ ※紫苑=シオン 学名はAste…