TAG 俳句

毎日三句2016.10.28

【毎日三句】   身仕舞をしてどこへ行く秋驟雨   お手玉の一粒こぼれ小豆かな   溝蕎麦のひそかに抱く紅よ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2016.10.27

【毎日三句】   秋桜赤子にぎりし指先よ   ‎かみころす欠伸のひとつ神の留守   三叉路のあわいにありて秋土用     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム …

毎日三句2016.10.27

【毎日三句】   ひつじ田の不揃いなりし命かな   狂言であるかもしれぬ穴惑い   のぞきこむ瞳の色よ秋夕焼     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2016.10.25

【毎日三句】   雲水の足早にしてそぞろ寒   声かわす今日がありけり秋桜   実柘榴の見てはならない禁忌かな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…

毎日三句2016.10.24

【毎日三句】   もう一度ここからで良し返り花   いくつかの誤算を笑い牛膝   吾亦紅今生にある結び目よ     ※牛膝=イノコヅチ。いわゆるひっつき虫   …

毎日三句2016.10.23

【毎日三句】   ただ褒めて欲しかっただけ秋の月   今生を踊りて満天星紅葉かな   境界はどこにもなくて鳥渡る     ※満天星紅葉=ドウダンモミジ メルマガ配信希望は…

毎日三句2016.10.22

【毎日三句】   学び舎に踏みしめ雑木紅葉かな   黄柳の一葉づつに手放して   曇天に赫赫としてサルビアよ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2016.10.21

【毎日三句】   螺旋へとつづく扉よ秋土用   約束はなく街角に烏瓜   林檎剥くイブの末裔なりしかな       メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォー…

毎日三句2016.10.20

【毎日三句】   行く人の互いに探し木犀香   掌に余りて丸き榠櫨かな   降りてゆく時代にありて山薊     榠櫨=かりん   メルマガ配信希望はこちら メル…

毎日三句2016.10.19

【毎日三句】   秋薔薇の重なりにある憂いかな   鳩尾のあたりにありて夜長なり   蔓たぐりしてその先の道がある     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム…