TAG 俳句

毎日三句2016.08.22

【毎日三句】   地続きのフクシマであり芒原   落蝉の原稿用紙に乗せてみて   唐辛子身の程知らぬ熱さかな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2016.08.21

【毎日三句】   傷つくという解釈よ秋薊   渦巻いて太極模様梨剥きぬ   帚木の身にある毛細血管よ     ※秋薊=アキアザミ ※太極模様:太極とは ※帚木=ホウキギ …

毎日三句2016.08.20

【毎日三句】   どこまでも花野でありし道行よ   爪紅や打ち明けられし恋話   道化師の檸檬一顆を投げ上げて     ※爪紅=つまべに=ホウセンカのこと ※一顆=丸く小…

毎日三句2016.08.19

【毎日三句】   予兆より一足先に夕立ぬ   後ろ手に閉めた扉よ白木槿   髪洗う明日の私に出会うため     ※白木槿=シロムクゲ メルマガ配信希望はこちら メルマガ登…

毎日三句2016.08.18

【毎日三句】   鳳仙花子の行き先は知らぬまま   そろそろと終わりの気配秋燕   鈴虫の消えたる闇の深さかな     ※鳳仙花=ホウセンカ   メルマガ配信希…

毎日三句2016.08.17

【毎日三句】   七つまで一目で数え青葡萄   キチキチの放物線を広くして   ひとりゆく道ではなくて花野かな     ※キチキチ=バッタのこと   &nbsp…

毎日三句2016.08.16

【毎日三句】   忘却という閉じ方よ花茗荷   もう一度歩きはじめて蓼の花   鬼の子の反抗期なる揺れ方よ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い…

毎日三句2016.08.15

【毎日三句】   子と共に選びて叩く大西瓜   薄れゆくものを留めよ終戦忌   溝萩や幾度なしたる禊ぎかな       メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フ…

毎日三句2016.08.14

【毎日三句】   審神者なる人の多くて盂蘭盆会   それぞれの残りし時間秋の蝉   撫子や幼き日々の色をして     ※審神者=サニワ ※撫子=ナデシコ   &…

毎日三句2016.08.13

【毎日三句】   青瓢くびれ具合を褒められて   秋蝉よ板子一枚上と下   流星やあえて願わぬこともあり     ※青瓢=あおふくべ=青い瓢簞のこと   &nb…