TAG 俳句

毎日三句2017.07.04

【毎日三句】   濁流に何かを流し半夏雨   マーケットプレイス紙魚の箱舟よ   雨脚をぬって泳いで水中花     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い…

毎日三句2017.07.03

【毎日三句】   句読点打って始まる文月かな   妖は隣に烏瓜の花   くれないは胸奥秘めて白木槿     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わせは…

毎日三句2017.07.02

【毎日三句】   日曜の軋みをもどし三尺寝   小鬼百合縮みゆきたるこの国よ   すべからく時がありけり枇杷熟るる     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム…

毎日三句2017.06.30

【毎日三句】   六月尽三千世界の扉かな   階段を一段降りて沙羅の花   生きるとは飛ぶことなりて夏つばめ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2017.06.29

【毎日三句】   街角に光を秘めて青葡萄   蜘蛛の囲の破れるためにありにけり   繰り言も一緒にまわし夜濯す     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…

毎日三句2017.06.28

【毎日三句】   一線を越えぬ越えない誘蛾灯   脚本を書き換え合歓の花が咲く   枇杷熟れて括れを持ちし女かな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム …

毎日三句2017.06.27

【毎日三句】   十薬や消えない毒のそのままに   尺蠖のもう半年が過ぎにけり   青梅やひとつ転がす掌         メルマガ配信希望はこちら メ…

毎日三句2017.06.26

【毎日三句】   柏手のいくつか響き大南風   紅薔薇の切っ先にある吐息かな   コクリコや恋占いの指先に     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い…

毎日三句2017.06.25

【毎日三句】   繰り返す歴史のあわい青葉闇   竹皮を脱いで見送る背中かな   梅雨鴉まぶたを閉じて静かなり     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…

毎日三句2017.06.24

【毎日三句】   捥ぐ人のなくて空き家の実梅かな   我儘は呟きがちに芥子坊主   指先の届く届かぬさくらんぼ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…