TAG 俳句

毎日三句2016.12.19

【毎日三句】   ただひとつ伝わるものへ冬北斗   足跡の後ろにできて冬野かな   山茶花の一片ありし三叉路よ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…

毎日三句2016.12.18

【毎日三句】   帰還してたどりつきたる師走かな   雪富士の空の高さを選びたり   後ろ手に扉をしめて石蕗の花       メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォー…

毎日三句2016.12.17

【毎日三句】   厄災の何に転じて実南天   天狼やひとつの星を目指しいて   抑留をかたる人なく十二月     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合…

毎日三句2016.12.16

【毎日三句】   さよならをいくつか数え風花す   いずこまで遠くに行ける冬北斗   寒木瓜や手にとり選ぶ紅の色     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム …

毎日三句2016.12.15

【毎日三句】   窓枠に充ちて灯台躑躅かな   すり抜けていく刻があり悴みぬ   照らされぬものの在りかよ冬の月     灯台躑躅=ドウダンツツジ   メルマガ…

毎日三句2016.12.14

【毎日三句】   一時の瞼をつむり寒鴉   ゆめうつつ結晶させて霜夜かな   許したる幾つかのこと山眠る     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合…

毎日三句2016.12.13

【毎日三句】   無明なるままに迎えて師走なり   並べたる燐寸の箱や夕時雨   冬紅葉いよいよ色の深くして     燐寸=マッチ メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録…

毎日三句2016.12.12

【毎日三句】   冬茜記憶の中にある声よ   いにしえは狼である女かな   声かけてふくらふくらの冬雀     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わ…

毎日三句2016.12.11

【毎日三句】   横顔の輪郭に似て冬木立   微笑みにポインセチアの紅さして   暗夜へといくつか灯しシクラメン メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わせはこちら 司法書…

毎日三句2016.12.10

【毎日三句】   いよいよと幕のあがりて神楽月   天と地の垂直線に麦の芽よ   とまどいを隠して乙女椿かな     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…