CATEGORY 俳句

毎日三句2019.11.20

【毎日三句】       元服は十五の皇帝ダリアかな     シリウスを掲げ旅をする青年よ     柿照るや人が住むとも住まぬとも   &n…

毎日三句&photo2019.11.19

【毎日三句&photo】       変容は身のうちにあり秋の空     紅葉且つ散る今生の長さかな     時雨るるや君と私の境目に   …

毎日三句2019.11.18

【毎日三句】       来し方という背表紙よ冬の星     枯木立クラウドという彼岸かな     終わらせてはじまる先の冬耕や   &nb…

毎日三句2019.11.17

【毎日三句】       狐火の灯りし闇の豊かさよ     枯野来てそれとは知らぬ国がある     譲れない横顔見せて冬薔薇   &nbsp…

毎日三句2019.11.16

【毎日三句】       埋み火は身体のどこに隠しけり     護られていつもあること神無月     曖昧に生きるのもよし冬の虹   &nb…

毎日三句2019.11.15

【毎日三句】       かき回す混沌天沼矛なり     翻る死と再生よ濃紅葉     秋桜の揺れて渡しし命かな     &nbs…

毎日三句2019.11.14

【毎日三句】       トーラスの形をなして秋深し     我々の気づくべきこと鵙高音     黄金の手紙を揺らし泡立草    …

毎日三句&photo2019.11.13

【毎日三句&photo】         区切りなどどこにもなくてうろこ雲     大根を洗い原初の人になる     香箱を作りし人も竈猫 …

毎日三句2019.11.12

【毎日三句】       帰りゆく烏の群れの親と子と     小鳥来るいつもの杭の待ち合わせ     掲げたる干柿であり陽が落ちる   &n…

毎日三句2019.11.11

【毎日三句】   二度咲きの人生百年時代かな     重心を後ろにかけて冬に入る     紅葉且つ散るもう一つの終戦日       メルマガ…