CATEGORY 俳句

毎日三句2018.11.14

【毎日三句】     元服の年柊の花開く   手探りの道であれども秋灯下   街路樹に立ち止まりたるうつた姫     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォ…

毎日三句2018.11.13

【毎日三句】     コンビニに剥いた柿あり繁華街   裏道を通りネオンの冬浅し   街角の少女の背中冬薊       メルマガ配信希望はこちら メル…

毎日三句2018.11.12

【毎日三句】     鎌鼬気づかぬうちに負いし傷   母という字は泣いていて冬に入る   輪郭のとれぬ言葉よ冬林檎     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登…

毎日三句2018.11.11

【毎日三句】     問いかけて三叉路クロガネモチの赤   君もまた遠くにゆくか冬三日月   口づさむ歌はあの歌芒原     メルマガ配信希望はこちら メルマガ…

毎日三句2018.11.10

【毎日三句】     いつの日かこの日を思え冬夕焼   抱きしめることは叶わず時雨虹   山茶花の散る時もまた刹那なり     メルマガ配信希望はこちら メルマ…

毎日三句2018.11.09

【毎日三句】     送迎の最後の背中冬立ちぬ   どこまでも守れ胸奥狐火を   今生の季節が変わり初時雨     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォー…

毎日三句2018.11.08

【毎日三句】     モザイクにステンドグラス柿紅葉   音立てて今日一日と葱刻む   宇宙とは四方に向かう八手花     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登…

毎日三句2018.11.07

【毎日三句】     生きていて唯生きていて照紅葉   立冬の単焦点は光りけり   石蕗の花瞳の奥の少年よ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォー…

毎日三句2018.11.06

【毎日三句】       間に合わぬこともありけり秋深し   一言の温石抱え帰り道   AIに飛ばせぬものよ熱気球        …