CATEGORY 俳句

毎日三句2019.07.20

【毎日三句】       街宣の声が響いて青時雨     変化とは一点からの花柘榴     静かなる地鳴りが聞こえ文月かな    …

毎日三句2019.07.19

【毎日三句】     一票の熱がありけり夏がくる     あきらめを越えてひらひら蝶が飛ぶ     桃の実よ神代からある闇光     メルマ…

毎日三句2019.07.18

【毎日三句】       失いしものの行方よ夏蓬     剥き出しの命が這いてなめくじら     土砂降りに息こらしたる未央柳   &nbs…

毎日三句2019.07.17

【毎日三句】       いつまでも女よ白粉花が咲く     伊吹山昼咲桃色月見草     花合歓や二度と逢えない横顔か     …

毎日三句2019.07.16

【毎日三句】       指折りて数えし今の七月よ     鬼百合の母と子がゆく背中かな     正しさはどこにありけり青時雨   &nbs…

毎日三句2019.07.15

【毎日三句】       水面へと道を作りて鵜飼火よ     夏木立それぞれ選ぶ行く末よ     受け渡す言葉常磐木落葉かな   &nbsp…

毎日三句2019.07.14

【毎日三句】       重ねたる祈りがありて百日紅     川面へと映したすがた夏燕     幾度見た父の背中よ夏帽子     …

毎日三句2019.07.13

【毎日三句】       一昔三つかさねてかきつばた     木天蓼のひらひら振りし思い出よ     手を出せぬこともありけり今年竹   &…

毎日三句2019.07.12

【毎日三句】       泣き声に思い出したる時計草     青歯朶や太古もありし母と子と     手放したはずの十五よ楠落葉   &nbs…