TAG 俳句

毎日三句2016.11.18

【毎日三句】   やり残したること探し冬に入る   寒暁やいずこも仮の宿りにて   習い性いくつか解き冬紅葉     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…

毎日三句2016.11.17

【毎日三句】   影踏みの影長くして日短し   告別という二文字よ銀杏散る   記したる文字のひと列冬耕す     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い…

毎日三句2016.11.15

【毎日三句】   高々と皇帝ダリアの向かう場所   伽藍へと刻まれていて律の風   来し方の自分に届け石蕗の花     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…

毎日三句2016.11.14

【毎日三句】   小鳥来る序章リズムに羽ばたきて   君のいる世界の色よ蔦紅葉   未来とは光の向こう青写真         メルマガ配信希望はこちら…

毎日三句2016.11.13

【毎日三句】   浮寝鳥波紋の揺れし上下かな   変わりゆく予兆をしらず山眠る   麦蒔やその芽出づるを疑わず     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お…

毎日三句2016.11.12

【毎日三句】   輪郭を譲らずにいて冬薊   冬耕やまた零からの道のりへ   自らの檻のありかよ冬の月     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わ…

毎日三句2016.11.11

【毎日三句】   言伝を誰に伝えて冬桜   茶の花の路地裏にみる光かな   冬ざれて海の向こうの幕引きか     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合…

毎日三句2016.11.10

【毎日三句】     いう言葉いわない言葉セロリ食む   山茶花のひとひら先の名残かな   横顔は思わせぶりに冬苺     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登…

毎日三句2016.11.09

【毎日三句】 均衡のいつか崩れて青木の実   月冴えてしかと扉の開きけり   くだら野に迷いし道の始まりよ     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問い合わせはこ…

毎日三句2016.11.08

【毎日三句】   遺言の書き方をしる時雨かな   鎌鼬知らぬ間に負う傷があり   言い残すことを拒みて冬林檎     メルマガ配信希望はこちら メルマガ登録フォーム お問…