自宅出産がおしえてくれたこと『扉の開け方を知っているのは、あなたの身体かもしれない』/天狼院ライティングゼミ課題

扉の開け方を知っているのは、あなたの身体かもしれない

「えぇ!間に合わない?」

まさか、そんなに早いとは思っていなかった。あっという間に陣痛と陣痛の間隔が短くなってくる。自宅の六畳間の寝室。誰もいない。このままどうなるのだろう。

一人目の出産は、自然出産だった。東京の小さな産院。四畳半ほどのなにもないフローリングの部屋。天窓からは空が見える。あるものは布団とクッションだけ。静かな夜に産院の先生と、助産師さんと、配偶者の立ち合いで上の子は産まれてきた。

そんな出産から4年後。岐阜に引っ越してきてからの二人目の出産。次は自宅出産をしたいと思っていた。自宅出産は少数派だ。親族や近しい人、何人もから自宅出産を反対された。

「ちょっとそんな自宅で出産なんて、危ないんじゃないの?」

「もしなんかあったらどうするのよ」

「どうして病院じゃだめ?」

確かにそうかもしれない。リスクも大きいかもしれない。自宅出産はごく少数派だ。自宅出産に関して手に入る本はすべて読んだ。そして最後、私の出した結論はこうだ。生き物として、自宅出産が自然である、と。自分は自宅出産をしたいのだ、と。

それから自宅出産に関して、自分にできる限りのことをすべてしようと決めた。体調管理、体重が増えないように毎日3時間の散歩。そしてもしもの時のリスク管理。まずは自宅出産してくれる助産師さんを探すこと。幸い、自宅出産を専門に扱っている助産師さんが見つかった。

次は医療機関だ。私が怖れていたのは、万が一出産でトラブルがあって病院に搬送されたときに、母子分離搬送になることだった。母子分離搬送というのはなにかトラブルがあった場合、お母さんと赤ちゃんのベッドが空いている病院が別々になること。すると、それぞれの病院に搬送されて数か月もの間会えなくなってしまうことがあるということだった。

お産の1か月前。近くのある大きな病院に行った。そして婦人科の部長先生と婦長さんに合わせていただくようにお願いをした。

「私は自宅出産をします。もし、何かあった時は赤ちゃんと一緒に引き受けてくれませんか。もちろん、無理なことをお願いしているのはよくわかっています。自宅出産に関して私はこれだけの準備と勉強をしてきました。どうかお願いできないでしょうか」

今思うと、よく病院からつまみ出されなかったと思う。医療関係者からみたら、リスクの高い、そして勝手なお願いをしている妊婦と思われてもしょうがなかった。

私の目を見ながら聞いていた婦人科のT部長は、ゆっくりと口を開いてこういった。

「青木さん。あなたが自宅出産について真剣に取り組んでいることはよくわかりました」

T部長は言葉を続けた。

「安心しなさい。もし青木さんと産まれてくる赤ちゃんに何かあったら、全力でベッドを空けますから」

あっけにとられてT部長の顔を見た。

頼んでみたものの、そんな肯定的な答えがまっすぐに返ってくるとは思っていなかった。今度は横にいたO婦長がこう言った。

「私たちも本当は昔のお産のようなお産をさせてあげたいんです。青木さんがそれを目指していることはよくわかりましたよ。頑張っていい子を産んでくださいね」

本当にベッドが空けられるかどうかはもちろんわからない。それは素人の私でもよくわかる。それでも、T部長とO婦長が、できる限りのことをして応援しようという気持ちが強く伝わってきた。ありがたかった。

1か月後。木曜日の朝。起き抜けからじわじわと陣痛がきはじめていた。配偶者を仕事に送り出し、上の子を保育園に送り出した。

9時が過ぎ、10時が過ぎ、陣痛の波が間隔なしに次々にやってくるようになった。六畳間からとなりの寝室に四つん這いのまま移動した。その部屋は産室にするつもりで、部屋を暗くして布団をしいておいた。

陣痛の間隔が5分より短くなってきた。助産師さんに連絡をした。そして配偶者には上の子を迎えにいて自宅に戻ってもらうように電話をした。

私は四つん這いから、身体を動かしながら自分の一番心地よい身体の向きを探した。陣痛の波に耐えていると、急に大きな波がやってきた。

「えぇ!間に合わない?」

助産師さんも、配偶者も一緒に保育園から帰ってくるはずの上の子もまだ誰も帰ってきていなかった。

少し慌てた。呼吸を整えていきみを逃そうとした。

でも大きな波は繰り返しやってくる。大きな波の合間に股の間に何かが挟まった感覚があった。手をやると髪の毛が手に触れた。あ、子どもが出てこようとしている。

一瞬迷った。そして深呼吸した。決めた。思わず声に出していった。

「いいよ、出ておいで!」

その言葉に呼応するように、赤ちゃんはするりと回転しながら出てきた。私は最初右手でそして次に左手で、赤ちゃんが出てくる流れのままに受け止めた。

その間、数分間だろうか。不思議なことが起こった。
私は部屋の天井あたりから自分自身を見ていた。天井からみている私に見えたのは、まるで舞踊のような優雅な無駄のない動きで赤ちゃんが出てくるのを受け止めて胸に抱きとる私だった。人は交通事故などに合うと、自分の身体を離れて空からその場面をみることがあるという。まさに私はそのように、自分の身体から離れて天井から俯瞰してその場面を見ていたのだった。

今、その時に産まれたその子は13歳になった。

振り返って思う。いくつもの知識は確かに出産する私を助けてくれた。けれども、あの出産のときの優雅な体の動きは、誰から教えられたものでなかった。あの動きは私の中に内在していた。身体がもっていた動きだった。

出産があの世からこの世へ扉をあけて赤ちゃんを招き入れることだとしたら。身体はもうその招き入れ方をしっている。あの世とこの世の扉の開け方を知っている。

自宅出産以来、私の生き方は変わった。頭であれこれ考えすぎずに、流れにゆだねられるようになった。身体は沢山ことを知っている。そのことを身体で実感したからだった。

私たちはもっと身体を信頼していい。
そしてもし、あなたの目の前に扉があったときは、その扉の開け方を身体に尋ねてみればいい。そして、深く深呼吸してそのドアノブに手をかけてみるのだ。時に身体は思いもかけない優雅さで、その扉を開けてくれるのかもしれないのだから。

天狼院ライティングゼミとは?

天狼院書店という
ちょっと変わった本屋さんを
ご存じですか?

その本屋さんがライティングゼミという
文章を学ぶ4ヶ月のコースを開催しています。

そのライティングゼミに入りました。

毎週2000字の原稿が宿題。

掲載されるクオリティがあれば
天狼院書店のサイトに記事として掲載されます。
ここに掲載したのは提出課題です。

 

これがライティングゼミ12回目の課題。
2000字の課題をこれで3ヶ月、
毎回欠かさず提出してきました。

あと残り1ヶ月、臆せずトライして書き続けたいと思います。


メルマガ配信希望はこちら


お問い合わせはこちら

司法書士のご依頼 方眼ノート講座案内 ワールドカフェファシリテーターのご依頼 個人コンサル・法人コンサル 講演会講師依頼等 お気軽にお問い合わせ下さい☆

青木文子司法書士事務所はこちら

岐阜の相続、遺言、離婚、会社設立、成年後見申し立て等お気軽にお声がけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です